来場のご案内

  • セミナー申込み
  • 出展企業一覧
  • 来場事前登録

同時期開催展示会

  • センサエキスポジャパン2016[SENSOR EXPO JAPAN 2016]
  • JIMA2016[第8回総合検査機器展]
  • INTERMEASURE2016[第27回国際計量計測展]
  • ITSテクノロジー展

オーガナイザー/展示会事務局

(株)シー・エヌ・ティ
〒101-0041 東京都
千代田区神田須田町1-24-3
FORECAST 神田須田町4F
TEL. 03-5297-8855
FAX. 03-5294-0909
sit2016@sgrte.jp
http://www.cnt-inc.co.jp/

セミナー

会 場:東京ビッグサイト 東5ホール内 特設会場E
定 員:各100名 【事前予約制、定数になり次第受付終了】

※テーマ・講師は、変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

9月28日(水)

『平成28年熊本地震の被害の実際とこれからの地盤技術』

受講料:無料

終了しました。

13:30
|
14:30
村上 哲

「液状化被害と対策・課題」

福岡大学工学部社会デザイン工学科 教授
村上 哲

平成28年熊本地震では広範囲で液状化による住宅や社会インフラ被害が生じています。
前震、本震と2回作用した地震外力や地盤条件により甚大化した液状化被害の状況、復旧・復興に向けた技術と課題について紹介します。

本講演の資料は以下サイトよりダウンロードいただけます。

http://www.tec.fukuoka-u.ac.jp/tc/labo/drr/

※「H28年熊本地震地盤災害情報」をご覧ください。

14:30
|
15:30
末次 大輔

「土構造物の被害と対策・課題」

佐賀大学低平地沿岸海域研究センター 准教授
末次 大輔

熊本地震では2度の大きな地震動によって道路盛土,補強土壁などの土構造物に大きな被害が生じています。
今回の地震による土構造物の被害状況および今後取り組むべき技術的課題を紹介します。

本講演の資料はこちらよりダウンロードいただけます。

ダウンロード

※本講習会は、「地盤工学会CPDプログラム」として認定されています。



9月29日(木)

『最新の地盤改良技術と実例 Vol. 1』

受講料:無料

終了しました。

10:30
|
11:30
赤木 寛一

「目からウロコの地盤改良技術」

早稲田大学 創造理工学部 社会環境工学科 教授
赤木 寛一

液状化による被害抑制や都市地下空間の利用を目的として、各種の地盤改良技術、工法の開発、適用が進められています。ここでは、薬液注入と各種の新素材を用いた目からウロコの地盤改良技術の最新動向と展望について概説します。

本講演の資料はこちらよりダウンロードいただけます。

ダウンロード

11:30
|
12:30
大石 敬司

「東京メトロの最近の工事と地盤改良」

東京地下鉄(株) 改良建設部 部長
大石 敬司

東京メトロにおける最近の輸送改善や混雑緩和を目的に行っている駅部の大規模改良工事の概要を説明するとともに、これら改良工事で採用している各種地盤改良工法についての施工事例や課題などについて紹介します。

本講演の資料はこちらよりダウンロードいただけます。

ダウンロード

※本講習会は、「地盤工学会CPDプログラム」として認定されています。



第13回「軟弱地盤の改良」技術講習会

主 催:月刊誌「基礎工」、(株)総合土木研究所(Tel: 03-3816-3091)
受講料:8,000円(テキスト代込み)

終了しました。

世界でも有数の軟弱地盤国でかつ地震の多い我が国では、軟弱地盤の改良は常に建設工事における中心課題の一つであります。それだけに改良工法の発達も目覚しいものがあり、多種多様の工法がそれぞれの目的と現場の条件に応じて選択的に使用されています。しかも最近では、改良目的だけではなく地盤の圧密促進をはかり、スペースを作りだす滅容化対策などにも使われてい ます。今回は最近の地盤改良技術の趨勢を 踏まえ経験豊富な講師陣から学びます。

13:00
|
14:00
北詰 昌樹

軟弱地盤改良技術の変遷と展望

東京工業大学 環境・社会理工学院 土木・環境工学系 教授
北詰 昌樹

14:05
|
15:05
三反畑 勇

圧密工法の概要と動向(VD・プレロード・真空圧密など)

株式会社 安藤・間
技術本部 技術研究所 土木研究部 主席研究員
三反畑 勇(さんだんばた いさむ)

15:10
|
16:10
森川 嘉之

サンドコンパクションパイル工法の概要と動向

国立研究開発法人 海上・港湾・航空技術研究所
港湾空港技術研究所 地盤研究領域
地盤改良研究グループ グループ長
森川 嘉之

※本講習会は、「土木学会CPDプログラム」として認定されています。



9月30日(金)

『最新の地盤改良技術と実例 Vol.2』

受講料:無料

終了しました。

14:00
|
15:00
土橋 浩

「首都圏のインフラ整備・管理における地盤改良の事例」

首都高速道路(株) 保全・交通部長
土橋 浩

首都圏のインフラ整備及び管理において、安全対策、環境対策、地震・防災対策として採用されています各種地盤改良工法の施工事例や課題について紹介します。

本講演の資料はこちらよりダウンロードいただけます。

ダウンロード

15:00
|
16:00
安田 進

「住宅地の新しい液状化対策方法」

東京電機大学 理工学部 建築・都市環境学系 教授
安田 進

東日本大震災では住宅地が液状化により甚大な被害を受けたため、その後、個々の宅地の対策工法および地区全体の対策方法に関して、新たな技術開発が行われました。これらの新しい液状化対策方法について紹介します。

本講演の資料はこちらよりダウンロードいただけます。

ダウンロード

※本講習会は、「地盤工学会CPDプログラム」として認定されています。